2005年10月26日

沖縄〜2日目〜

昨日は早く寝たせいか、朝7時にすっきり起床。

宿泊したホテルは読谷村にある“ホテル日航アリビラ”
10年位前にダンと宿泊したホテル。
相変わらずきれいで、古さを感じさせないホテルでした。

エコホテルを目指して、
ホテルの排水を直接海に流さないようにしているとか、
いろいろ工夫をしているようです。
10年前はそんなのはなかったと思いますが・・・

ノミの楽しみの朝食はというと・・・昨日寂しい思いをした和食レストランで、
朝定食を頂きました。
洋食バイキングもあったけど、
ヒメに野菜を!という事で和食に。

沖縄料理のおかゆがとっても美味しかった〜
量も満足の朝定でした。

ご飯の後は、ホテル前の海でひと遊び。
プールサイドでタオルが借りれて、
海に持っていけるのでこれは便利。

もう海水浴客もあまりいないので、
ベッドも椅子もたくさん余っていて、人もまばら、のんびりな雰囲気でした。

ヒメは海も楽しんだけど、その後の水遊びがより楽しかったみたい。
海からプールに行く前に砂を落とすシャワーがあるんだけど、
そこで延々足だの、手だの洗ってました・・・

A海〜水遊び〜.jpg

これがその様子。

そしてその後向かったのは、
この旅行で一番楽しみにしていた
“美ら海水族館”海洋博物館だったかな?

ホテルから海沿いをドライブ。
ヒメはちょうど寝てくれたので、ゆっくり海を見ながらのドライブでした。

行く途中のローソン(?)で、割引券が売っていたので、
大人二人1800円×2が、1650円×2に。
得したので、昨日から「いもいも」と騒いでいたヒメに、
フライドポテトを買ってあげました〜

駐車場は無料で、結構混んでました。

ショーが2つあって、ちょうど時間前に行った、
イルカの水中ショーを見ることに。
イルカが挨拶をしたり、
輪投げの輪を口でキャッチしたり、
指示通りのボールを持ってきたり、
とにかくかわいかった〜♪
ヒメも「キューキュー!!」と大喜び。

もうひとつのオキちゃん劇場とかいうのは、
時間が合わず見るのを断念。
11時に間に合わず、13時はご飯食べてて、その後は帰ることに・・・

大水槽でジンベエザメと、マンタと、海亀と、とにかく大迫力〜
ジンベエザメを下から見るとコバンザメがいたりして、
実際に見るのは初めてだったし、親も子も大満足。

A美ら海水族館.jpg

水槽を見ながらお茶できるカフェで、
お腹すいたというヒメにちまきを食べさせながら、
ぼけーっと水槽を見てました。
このカフェは入らないかな?と思っていたので、
ちょっと入れて嬉しいノミでした。

その後ちゃんと昼ご飯にバイキングで食事しましたけど・・・

イノーというレストランで、沖縄料理もおいてあるバイキング。
平日のせいかすいてました。
昨日の沖縄そば1000円に比べたら、これで1300円なら安いね〜
と、たくさん食べて、食べ過ぎました(^^;)

帰りも車中でヒメはぐっすり。
高速に乗って帰りました。
カーナビって初めて使ったけど、知らない土地を走るにはとっても便利。
まあ、買おうとは思いませんが。

夕方に着いたので、また海でひと遊び。
プールは寒い〜と言って、ヒメは入れませんでした・・・

今日は外で夕食を!と張り切っていたのに、
お昼のバイキングで食べ過ぎて、せっかく花織そばという
評判のお店に行ったのに、美味しくいただけませんでした。
しかもノミは“てびちそば”という豚足がのったそばにしたんだけど、
ゼラチン状のぐにゅぶにゅむにゅした感じがどうもだめで、
残してしまいました。ごめんなさい・・・

ホント食べ過ぎたので、夜の浜辺を散歩。
ブランコがおいてあって、涼しい夜の風を受けて、
波の音を聞きながらゆらゆらゆれていると、
気持ちがよくって、気持ちがよくって・・・

帰りたくないな〜と思った夜でした。

〜2日目の出費〜
食費   4,808円
水族館  3,300円
高速代    450円
お土産    450円

合計  ¥9.008円





posted by ノミ at 11:01 | Comment(2) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
こんばんは。ヒメちゃん元気そうでよかったですね。沖縄、遥か昔に行きました。なつかしいなあ。海がきれいでとても素敵なところですよね。元気に楽しめてよかったですね。
Posted by クーミン at 2005年10月30日 21:34
ほんとうにきれいなとこでした。
また行こうね〜と約束をしましたよ!
何事もなく終わって、あっという間の4日間。出来るなら2週間くらいはいたかったな・・・
Posted by ノミ at 2005年11月02日 17:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL